やりたいこと①

今回は自己分析を通じて見つけた私の人生と就活の軸を書いてみたいと思う。

 

まず私の人生の軸は大きく分けて2つ。

①グローバル人材になって、社会や企業に貢献する

②グローバル人材を育て上げ、日本から世界最強のビジネスマンを作り上げ、企業を成長させる。

 

共通点は「グローバル人材」。相違点は「自分」か「他人」か。

 

まずは①の説明。

まあ見ての通り自分がビジネスマンとして世界で活躍するということ。

 

具体的に見ていけば、「日本のものづくり技術を世界に広め、ものづくり大国を復活させる」というのが現在の自分の①の目標。

 

そのため就活ではBtoBメーカーを中心に見ている。

 

なぜ BtoBにこだわってるかは「企業分析」のブログで書いたからそっちを見て欲しい。

 

なぜ①に行きついたかはやっぱりプログラミングの挫折とタイ旅行がでかい。

 

僕自身1年半くらい前までは「ゲーム業界にゆく!」という感じで企画などめっちゃ考えてた時期があった。

 

ただゲーム業界に入るにはゲーム制作経験は必要=プログラミング必要ということで手助けを借りながらやってみた。

 

先生の知人から教えてもらったあと自分で参考書を買い10個ほどのゲームを作り上げ、プログラミングの知識はまあそれなりにつけることができた。

 

でもダメだった。

なんというかやってるうちにメンタル的にきつく、制作が楽しいと感じることがなかった。

 

つまりこれまでの自分は制作のいいところだけをやっていただけであって、きついところをやらなかったため、ある意味夢の中から現実に叩き起こされた感じだった。

 

こうしてしばらく将来の目標が定まらなかったが、父親とのタイの旅行をきっかけにグローバルに働くという人生の軸を定めることができた。

 

こういった新興国を日本の技術力を売りたい。

 

そう考えるようになり、主にメーカーに勤めながら海外営業として製品を売っていくのが①の目標。

 

 

そして最近出てきた②。他人に活躍してもらうこと。

 

タイで様々な人と話したが、とにかく温厚で成長欲が高い人が多かった。

 

ある屋台店主は「タイで1番の売り上げを上げる」、私が泊まったホテルマンには「世界一のホテルマンになる」という人がいた。

 

自己分析を通じて思い出したのだが、その時ふと思った。「日本に必要なのはこういう人材ではないのか?」と。

 

海外の企業や人材が次々と日本離れしており、その理由が「日本には将来性がない」というニュースを見たが、見た瞬間すごく悔しかった。

 

確かに高齢化やブラックな働き方、人材不足など様々な課題はあるが、そんな理由だけで見切りをつけられるのは腹が立った。

 

日本に見切りをつけた海外に勝つにはどうすればいいか考えた結果、私は「人材」という答えにたどり着いた。

 

シンガポールやマレーシアがあそこまで経済成長できたのは先進国のように技術力がないため、資源である人材に力を入れてきたためであるらしい。

 

同じアジア人だから我々にも今の状況をひっくり返す人材力はあるはずだと思っている。

 

ただ今の教育業界を根本から変えるのは難しいし、時間が足りない。

 

そのため企業を中心とした人材育成や、100%の力を発揮できる人材派遣、こういったことをやり、日本のビジネスマンを強くすることができれば日本は世界で勝てる人材を手に入れられるのではないか?と考えている。

 

もちろんそんな根拠はなにもないが、日本人の底力を信じるという自分を信じていきたい。

 

 

現在はこの2つのどちらをやるべきか迷っている。

 

端的に言えば「モノ」(有形商材)を売る仕事か「ヒト」(無形商材)を売る仕事か。

 

どっちが自分に合ってるかは経験してないためわからないが、結局は企業の人間関係や社風にマッチしているかなので、しっかりと説明会に行って話を聞きたいと考えている。

 

 

最近私の友人がブログで意味わからないことを書いていたが、何か行動することは決めたらしい。

 

大学時代1の親友なので支えてあげたい。だからこれまで甘えてきた分、しっかりと頑張ってほしい

 

p.s

自己分析を通じてすごく感じたのが、半年前にやったストレングスファインダーの5つの資質が全くその通りだということ。

 

私の5つの資質は

「回復志向」

「自我」

「調和性」

「学習欲」

「未来志向」

なのだが、まるっきり当てはまる。

 

「回復志向」→人の悪いところ指摘してあげたり、気づかせてあげることをこれまで何度もやってきた。

「自我」→小さい頃から目立ちたがり屋で、1番になってちやほやされたかった。

「調和性」→誰かが喧嘩するのを見る度にストレス感じてきた。

「学習欲」→特に興味ある分野に対しての物事への学習欲は誰にも負けない。

「未来志向」→未来のこと考えたり、話すことすごく大好き。

 

ストレングスファインダー半端ないな…