ゼミ2回目

3年ゼミも2回目となり、LIONとの共同リサーチに向けて、本格的な学習が始まることになった。

 

今回は歯ブラシと家事を観察してきて、その中で気づいたことや気になったことなどを共有しあうという活動を行った。

 

そして観察してきたものをvalue、activity、interactionの3つに分類し、細かく見ていくことにした。

 

それぞれを説明すると、

value:価値、なぜ?などの疑問、どんな面白いものがあるのか?

activity:valueを達成するための過程

interaction:その過程の中で使う物

となる。

 

つまり洗濯を例に挙げてみると、

value:服を綺麗にする、臭いを落とす

activity:洗う、しぼる、干すなど

interaction:洗濯板、洗濯機など

といった風になる。

 

今回これを習って歯磨きのvalueを考えてみたが、1日の始まりと終わり、ダイエット、気分転換、暇つぶしなど、へーってなるようなユニークなvalueも生まれていたので、歯磨きだけでも沢山のvalueがあることを知った。

 

そして、このvalue、activity、interactionに関する課題ももらった。

 

LIONは今、鏡に歯を見せるとAIが画像認識をしてどこが汚れているのか教えてくれるというものを研究しているらしい。

 

これを従来の歯磨きと比べると、どのような新しいvalue、activity、interactionが生まれるのか?というものである。

 

少し考えたが私は

value:歯磨きの時間短縮、自分の歯の状態がよくわかる、AIと歯を共有できる、孤独な時間をなくすなど

activity:磨く前に鏡をよく見る、情報を共有する、AIと喋る、磨いた後に再び鏡をよく見るなど

interaction:AI搭載鏡

 

以上が新しく生まれるvalue、activity、interactionとなる。

 

あまりユニークな発想ができず、浅いものしか考えられなかったのは残念である。