インタビュー①

工作体験教室の分析が一通り終わり、私たちもまた新しい取り組みを行うことになりました。

 

次はインタビューで、会社訪問する際にインタビューをする力をつけておかなければいけないということで、みんなでやることになりました。

 

1回目は相手が言ったことに対してどの部分に共感して、どのようなことを言えばいいのかなどの、インタビューの基礎的なことを学びました。

 

そして前回の2回目では、1回目の共感することを基に、3人ずつに分かれて実際にインタビューすることになりました。

 

だいたい男1.女2の3人組でしたが、私のグループの女性2人はどちらも仲が良かったため、比較的やりやすかったです。

 

それぞれの役割は自分が質問される側のインタビュイーで、残り2人の女性が質問する側のインタビュワーと観察者のオブザーバーに分かれました。

 

共通の話題などがよく分からなかったため、自分の好きなお菓子の話をすることになり、インタビューを始めることにしました、

 

結果だけいうと、最初の方はそれなりにお菓子の話をしていたのですが、途中からスイパラや美肌のことなど話が脱線したり、インタビュワーの女性がばんばん話しかけてきて、あまり間がなかったなど、少なくともよくはない結果でした。

 

インタビュワーの方にはもう少しゆっくりしてほしいというのもありましたが、自分も話を脱線するようなことを言ってしまっていたため、どちらも反省が必要な感じでした。

 

おそらく次はインタビュワーをすると思うので、しっかりと共感できるようになりたいです。