おもちゃ作り

今回のゼミ活動は、夏休みに行う工作体験の予習的なものもかねて、グループで見学予定のおもちゃを作る様子を観察することになりました。

 

自分はかなり手先が不器用なため、何回頼まれても断り続けようとしたのですが、工作体験に来る子供達は興味津々の子供と、まあ興味がある子供が来るだろうということで、全く興味がない自分は選ばれず、同じグループの女性と男性1名ずつが選ばれました。

 

そして自分は男性の方の観察に当たり、どこでつまづくシーンがあるかじっくり観察しようと思いましたが、自分がこのような作業を全くやらないせいか始まって数分後、男性の小さい部品をハサミで切るようなちまちました動きを見ていただけで心の中で飽きていた自分がいました。

 

それでも観察をしっかり行い、うっすらとですがここはつまづきやすいというポイントはいくつか見つけることができたのはよかったです。

 

最終的に女性の方は完成できていましたが、自分が観察していた男性は未完成だったので、家に持ち帰っていました。

 

終わった後、おそらく自分がやる側だったら数秒で諦めていたため、ある意味よかったと思ってしまいました。