電気機器メーカー

まず最初は一般的に1番親しみのある電気機器メーカーから見ていきたいと思う。

 

ここでいう電気機器メーカーは家電、電子部品、重電製品、産業用電子機器などを指している。

 

ちなみに重電製品とは発電機や電池などの電力設備を指し、産業用電子機器は工場などで使うロボットなどを指す。

 

まず業界の傾向から見ていくと、電子部品と産業用電子機器は上昇的に成長している。

 

理由はやはり電子部品はスマホやパソコンなどの需要が挙げられるが、最近は自動車部品の電子部品などの需要も上がってきているため、まだまだ成長するであろうと考えられる。

 

産業用電子機器は主に産業用ロボットを中心に需要があり、特にロボット産業は2035年には20兆円市場に成長すると言われている。そのため需要が伸びるのは確実というか確定している。

 

ただ家電産業と重電産業は国内市場ではあまり伸びておらず、利益がマイナスになっている企業が増えてきている。

 

そのため東南アジアなどの新興国を中心に海外市場にどれだけ踏み込めるかが勝負所だと考えられる。

 

以上が業界の主な傾向である。

 

次に企業研究を行なっていって個人的に気になった、興味を持った企業をとりあえず3社挙げていきたいと思う。(もっといっぱいあるけど)

 

電気機器メーカーで個人的に興味を持ったのは

ウシオ電機

日新電機

・ヒロセ電機

の3社である。

順番ずつ見ていきたいと思う。

 

ウシオ電機

東京都千代田区に本社を置く産業用光源を応用した光応用製品を扱うメーカー。

 

主力製品は装置やライブなどで使われるステージ演出照明など光のソリューションを提供しているため意外にみんなが知らないところで活躍している。

 

興味を惹かれたのは事業内容が面白く、一部の製品は世界シェアトップをとっていることもあるが、海外売上比率が高いことが1番な理由である。

 

2017年の会社概要を見てみると国内売上比率が20.3%、海外売上比率が79.7%とあり、海外売上比率が約8割と高いのである。

 

また海外売上の内約は北米28.2%、アジア41.0%、欧州9.5%、その他1%であり、役4割がアジアを中心に売上が高くなっている。

 

さらに3年以内定着率も90%以上を維持しており、入社後のミスマッチが少ないこともわかる。

 

ホワイト体質で将来海外で働きたいと思っている自分にとってはとても魅力的な会社である。

 

ただ少し気になったニュースで今年1月に早期退職優遇制度を取り入れたり、海外子会社の従業員をリストラするなどの人員削減のニュースが少し出ていた。

 

経営が悪い影響なのかもしれないが、リストラを行う企業はあまり印象はよろしくない。

 

ただ個人的に魅力を感じているため頑張りたいと思う。

 

 

日新電機

京都府京都市右京区に本社がある住友グループの重電産業機器を主に扱っているメーカー。

 

ここの凄いところは冒頭にも書いたがあまり市場が伸びてない重電産業で、日立製作所三菱電機などの強者よりも営業利益率が高く、約12%となっている。

 

また年間休日131日、有給消化50%以上、3年以内離職率0%という超ホワイト気質の企業であり、今自分が調べている企業の中で一番いいんじゃないかと感じるレベルのホワイト度。

 

海外売上比率はあまり高くないが、新興国を中心に海外電力インフラを構築しようとしているため、今後は海外売上比率は高くなりそう。

 

一言で言えばホンマにいろいろ素晴らしい企業の一点のみ。

 

唯一気になる点は昨年度から業績が落ち込んでおり、今年のIRを見る限り今年度の業績を下回りそうな気がする。

 

現時点で受かったら入社したい企業ベスト3には入っているので頑張ってほしい。入社できたら業績を上げられるように頑張るけども。

 

 

③ヒロセ電機

東京都品川区大崎に本社を置くコネクタを主力製品している。

 

まずコネクタとは機器や機器同士を繋いだり、機器内部の基板と基板を繋いだりする、主に接点部分で使われる電子機器であり、現在の様々な電気機器や に使われており、世界市場規模は5兆円以上と言われている。

 

ここの凄いところは上記したコネクタだけを扱っており、多極コネクタ事業約91.7%、同軸コネクタ事業7.3%、その他1%と偏りはあるけども1つに強いという収斂された形になっており、世界シェアNo. 1を誇っている。

 

そのため海外売上比率も約70%、海外生産比率約50%と海外展開も積極的に行なっている。

 

ちなみに世界で初めてコピーではないコネクタを作ったのもヒロセ電機である。

 

調べてみると上記2社ほどのホワイト気質ではないが、定着率90%以上、ノー残業デーなど悪くはないという感じではあった。

 

個人的にグローバルに活躍したいと考えている人は1番にここをオススメしたいと思っている。

 

 

以上の3社が個人的に魅力的に感じた電機機器メーカーである。

 

ちなみにそれぞれの平均年収は

①699万円

②752万円

③773万円

となっている。

 

600万円以上を目安としているのでこの3社は少なくとも低くはない年収だと感じている。

 

次は個人的に1番魅力がある企業が多い精密業界について書きたいと思う。

 

企業分析

最近全くブログを書いてなくアウトプットすることがなくなってしまったため、このままではまずいなと思いとりあえず少しづつでも書いていくことにした。

 

ただゼミの活動を書こうにも今書くと中途半端な形になってしまうので、今回は自分が2ヶ月ほど前からやっている企業分析について書いてみることにした。

 

この企業分析は就活の下準備ということで始めてみたものである。

 

まず自分は現在電子部品業界や精密業界、化学業界などBtoBの特徴を持つ企業を調べまわっている。(流石にBtoBとBtoCの違いくらいは知ってるだろうから説明は省く)

 

ただし最初からBtoB企業を目指しているわけではなく、半年ほど前までの自分はPanasonicSONYトヨタ自動車など有名なBtoC企業ばかりに注目してしまっていた。

 

その時に先生から「インベスターZ」という投資の漫画を借りて読むうちにBtoB企業の存在を知り、日本のものづくりの根幹は有名企業ではなくBtoBの企業にあると思い、興味を抱くようになった。

 

ちなみにこの漫画に載っていたBtoB企業は「キーエンス」「村田製作所」「信越化学工業」「ファナック」「デンソー」の5社である。

 

最初読んだときはどこの企業も知らなかったが、それなりに企業分析をやってみるとこの5社はとてもすごい企業だということを知った。

 

ここではキーエンスを例に挙げたいとおもう。

 

この企業は電子部品業界に当てられ、主な製品はセンサーや測定機器などが挙げられる。

 

またファブレス経営という自前で工場を持たない経営スタンスであるため工場設備などに資金を当てる必要がないのである。(有名どころでいえばApple任天堂など)

 

その影響もあり、営業利益率が50%超えというトンデモ数字を出している。(もちろんこれ以外の要素もあるだろうけど)

 

そして平均年収が約1600万円という怪物レベルの高収入企業であることも有名。(最新の四季報では2000万超えていた)

 

そのため社員は超激務と言われており、社員は分単位で外出報告書を書くという営業管理が行われている。

 

まあ企業理念が「最小の資本と人で最大の付加価値をあげる」というコンサルタント会社みたいなものなのでなんというか凄いを通り越してしまっている。

 

ただし離職率は約3%未満であるため、この数字が出される理由も想像することは難しくない。

 

よってキーエンスは激務ではあるが優良企業であると個人的には考えている。

 

これはほんの一例であり、もっと調べればいろいろ出てくるかもしれないがこれだけでキーエンスという企業が表向きには有名でないにも関わらずすごいというのがよくわかる。

 

もちろんキーエンスはこの年収と営業率、福利厚生も揃っているため高学歴の奴らが集まってくるが、今は小さくともこれから先キーエンスを超える企業が現れる可能性もあるため、そこを狙いたいと個人的に思っている。

 

ここからみてわかるようにまさしく日本のBtoB企業は宝物庫といっても過言ではない。マジで存在知っててよかったほんとにマジで。

 

 

 

 

とりあえず今回はBtoBの話だけしたいと思う。次回からは自分がこれまで調べてきた企業の中で興味を惹かれた企業をいくつか挙げたいとおもっている。

インターンシップ

先日初めて企業のインターンシップに参加した。

 

参加した企業は島津製作所という精密機器メーカーで主にBtoBのビジネスを行なっているところである。

 

祇園にある支店に入り参加票を見せグループワークをするためのグループの名前を言われたためそこに入った。

 

グループは6、7人くらいのグループが6つあり、見た限りでは男子8割女子2割といった比率だった。ちなみに私のグループは私を含め男子5名、女子2名の計7人のグループだった。

 

そして全員集まり人事の方が司会を始めた。まずここで驚いたことが人事の方曰くこの場にいる参加者の9割が理系の人だということだった。

 

実際その後の自己紹介では私以外の6名全員が国立大学の大学院理系1年生だったため少し恐縮してしまった。

 

ただこの時に何人かの方がタメ口でいいといってくれたので少し荷が軽くなったことはグループワークをやる上でとても助かった。

 

そして今回の研修内容は BtoBメーカーのビジネス体感ワークということで「世の中の課題を島津製作所の技術で解決する」ための新技術、新商品を考え戦略立案をグループワークで行うというものだった。

 

大まかな流れとしてSTEP1で社会環境を1つ選びそれに関するなにか思いつくものを次々に書いていく。STEP2で島津製作所の商品から思いついたものを結びつけ、どのような新しい技術や商品を生み出せるかを考える。STEP3で生み出したものを5W1Hや3Cなどを考えながら具体的に戦略立案を立てていく。そして各グループの発表を聞いて社員の方からのフィードバックを聞いた後1番良かったグループを決めるというものである。

 

まずSTEP1で我々のグループは「医療技術の進歩」というテーマを選び現在の医療の問題点や改善点、気になるところなどを5分という短い時間で思いつくだけ書いた。

 

こういう作業は難しく考え過ぎずなんでも思いついたことを書いた方がなにかヒントになることもあるだろうと思ったので質は悪くとも量を増やすことにした。

 

結局4つほどしか書けなかったが、質の部分ではグループの人がいいことを結構書いていたのでまとめる時にすぐまとめられたのはよかった。あと意外に自分のが役立った。

 

次にSTEP2で16個ほどの島津製作所の製品が書かれていた資料からSTEP1でまとめたいくつかの要点と関連づけながら新製品を考えた。

 

ここではメンバーの中に医学部の方がいたのでその人が中心となってくれてさまざまな技術や製品を考えてくれたのは本当に助かった。

 

自分はここではあまり技術や製品を考えることができなかったため、やりながらこういう時ほど技術面に詳しくない文系はクソほど役に立たんなと思った。

 

ゼミでは文系同士のグループワークであるためこういう理系とのグループワークのやりとりもとてもいい経験になったなと初めて思った。

 

最後にSTEP3で考えた新技術や新製品の販売戦略を考えた。

 

結論からこんな感じに出来上がったf:id:hpkzppkz:20180831211847j:image

 

まずなるべく具体的に書くように意識しながらタイトルとその目的を書いた後に技術開発と販売戦略の2つの主な流れに分けて書いていった。

 

この書き方もメンバーの方が考えてくれたのでとてもわかりやすく書けたなと思った。

 

 

書き終わった後に全部のグループの発表があり、最後に社員の方からのフィードバックをもらった。

 

我々のグループは「1番具体的に書かれていてSTEPごとに分けて書いているのがとてもわかりやすかった」「販売戦略はもう少し考えればいい方法がもっとあると思う」などのフィードバックをもらった。

 

次にメンバーと社員でどのグループが良かったかを多数決で決めた。

 

メンバーの方からは選ばれなかったが、社員の方からは1番わかりやすいということで選ばれたのでとても良かった。

 

最後にグループメンバーからそれぞれのメンバーのいい点や改善点を書くことになった。

 

自分は見る限り結構役に立った方であったらしく、「こういう年下がいてくれたらありがたい」「今のままでいい」などの理由が多かった。

 

個人的にはあんまり役に立ててなかった感触があったが、客観的にはそうでもなかったのはとても良かったと思う。

 

 

今回のインターン島津製作所ならではのグループワークや理系とのやりとりなどさまざまなことを学ぶことができた。

 

夏のインターンはこれだけであるが、今回の経験が就活や今後のインターン、仕事などにつながっていけばいいなと感じた。

 

 

 

ゼミ13回目(前期ラスト)

今回は前期ゼミの最後であるため、前回行ったLIONの方達のフィードバックを含め、改善すべき点とこれからどうしていくかという話をグループで行なった。

 

先生が言うには「好きな人が義務感を感じてやっているところを見つけきれたのは良かったけど、他の部分に自分たちの意見が混じっている」などの意見をもらった。

 

たしかに前回のゼミでもLIONの方に自分たちの意見を何度もぶつけてしまい、せっかくインタビューして出てきた意見を無視している場面はあったため、そこは一つの反省点であった。

 

それらのような反省も踏まえ、夏休みの間にものすごく料理を作るのが好きな人にインタビューしてきて質の高い質問と回答をもらい、新たなツリーを作ることを次の目標とした。

 

後期からはどのようなサービスを行うかを考えなければならないため、基礎の部分である今をしっかりと行なっていきたいと思う。

 

 

そして夏休みに入るが、私自身ほんとに暑いとこが嫌いなため、東南アジアに行きたい欲はあるが今回はなるべく北欧かカナダみたいな涼しいところに旅行したい。(圧倒的金銭面問題…)

 

ゼミ12回目

今回はこれまでグループでまとめてきたものをLIONの方々に見てもらい、フィードバックやアドバイスをもらうという作業を行った。

 

LIONからは5名の方が来てくださり、それぞれのグループに1人ずつ付くという形になった。

 

我々のグループは料理をする人としない人がそれぞれ思っていることを事象として書き、なぜ?なぜ?と疑問にしながら抽象化していき最終的にどんな想いから料理をやるのか、やらないのかというものをまとめ上げていたが、ここから何をするか困っていたためアドバイスをもらう機会としてはちょうどよかった。

 

LIONの方は最終的な目標は100年後の料理の姿のため、料理のどこの部分の100年後を考えるかが大事だと言ってくれた。

 

つまりこれまでまとめてきたものから料理の100年後の概念、技術、新たな問題はどうなっているのかを考えるのが妥当だということだ。

 

ただしこの方面を攻めるならインタビューしてする人、しない人の特徴を調べるだけではなくPEST分析をすることがどちらかといえば大事やなと個人的には思ったりした。

 

そしてLIONの方にも料理へのインタビューを行ったりした。

 

LIONの方はどちらかといえば料理をしない人であり、しない理由としては「時間がない」「材料が余ってしまう」「自然と量が多くなる」などの理由であった。

 

ただしたまに料理もするらしく、する理由としては「健康のため」「栄養が偏るため」など主に健康面の理由であった。

 

ただLIONの方が言うには料理をやりたい、人に喜んでもらいたいと思っている人はごく少数であり、そういう人は大体料理人になっているとのことであり、まあごもっともやなと感じた。

 

そしていろいろ試行錯誤した結果、「料理をしない人が料理をするようになるにはどうすればいいのかを100年後に重ね合わせて考える」という方面で攻めることになった。

 

料理をしない人の特徴としては主に「時間がかかる、またはない」「めんどくさい」「単純に料理したくない」という時間面や精神面の理由が多いので、この辺をどうやって解消させ料理をやりたくなるのかを考えなければならない。

 

そのためひとまずやることとしては、めっちゃ料理する人と全くしない人へ質の高いインタビューを行うこととなった。

 

個人的にはPEST分析も必要かなと思ったが、やろうという感じにならなかったのでやる必要はないが、もし必要となった時のために一応考えてはおこうとおもう。

 

そして今回のLIONの方からのフィードバックやアドバイスのおかげで次にやるべきことも見えてきたので、今回の活動はとても良かったと感じている。

 

次にLIONの方が来るまでには納得のいく活動をすることができればいいと思う。

 

 

 

ゼミ11回目

今回は前回やってきたリードユーザーの質問をまとめ、それを料理できる人とできない人に分けそれぞれにどういった特徴があるのかを調べることにした。

 

料理ができる人の特徴としては「美味しい味を引き出すため」「コミュニケーションを取るため」「家族に作るため」などの意見がでており、料理ができない人の特徴として「時間がかかる」「料理を作るのがめんどくさい」などの意見が出ていた。

 

また、できる人とできない人に関わらず料理の悪いところの特徴として「時間がかかる」「生ゴミが多い」「後片付けがめんどくさい」などの共通した意見が出てきたため、この辺を中心に議題していけばいいかなと感じた。

 

そして出てきたものを下から上へと抽象化する作業を行うことにした。

 

ゼミでは終わらなかったため今日の昼にしたが、やはり抽象化はなかなか難しくほんとうにこれで正しいのか?という感じだったので後味が悪かった。

 

少し難儀になってきたので、来週いらっしゃってくれるLIONの方々からいいアドバイスをもらえればいいと思う。

 

 

ゼミ10回目

今回から本格的にLIONとの共同研究の活動が始まった。

 

我々のグループは大きなテーマとして「家事」を選んだが、家事といってもたくさんあるのでそこから一つのテーマにしようと思い、「料理」をテーマに設定した。

 

ひとまず今週までにやるべきこととして料理ができる人とできない人をそれぞれ見つけてさまざまな質問をしまくり情報を得るリードユーザーと、以前課題としてやったPEST分析を料理をテーマにしてしてくることになった。

 

ひとまず私はPEST分析を進めたが、politicsの部分がどうしても考えることができなかった。

 

なぜならpoliticsは法律や政治についてのことなのでほかの部分よりも特にマクロ的な答えになってしまうのだが、料理というと家庭などミクロな部分しか考えられなくなるため調べてもなかなか良いものが考えられなかった。

 

ただ先生に聞いてみると生ゴミを減らす法律など、あーなるほどってなるような案を言ってくれたためとても参考になった。

 

他にもPESTは全て一括したテーマで調べなければならないため料理の中でもどの部分を絞って調べるかが大事など、さまざまなアドバイスをもらえたのでとても良かった。

 

同じグループのゼミ生もリードユーザーにへの質問や料理のいい点や悪い点などを考えていたので、ひとまず今回はプラスの方向に進めたので良かったと思う。

 

次回はこれらを踏まえてどの部分に絞ってやっていくかを考えなければならないため、リードユーザーへの質問とPEST分析をしっかりやってきたいと思う。